ニュース
» 2009年01月22日 05時07分 公開

Mono、オバマ大統領の就任演説に合わせ「Moonlight 1.0」をリリース

Silverlightのオープンソース実装「Moonlight」のバージョン1.0がリリースされた。Silverlight 1.0に対応する。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Novellが支援するMono Projectは米国時間の1月20日、米MicrosoftのRIA(Rich Internet Applications)技術「Silverlight」のオープンソース実装環境「Moonlight 1.0」をリリースした。LinuxユーザーはMoonlightを利用して、「Windows Media Video(WMV)」などSilverlight向けのメディアファイルを閲覧できる。

 MoonlightはSilverlightのオープンソース実装としてNovellとMicrosoftが結んでいる相互運用性の提携により実現したプロジェクト。Silverlightと100%の互換性を目指しており、Silverlight向けアプリケーションをLinuxで動かすことができる。

 バージョン1.0はSilverlight 1.0に対応する。Mono Projectのミゲル・デ・イカザ氏は公式ブログで、「20日の米大統領バラク・オバマ氏の就任演説をLinux(x86とx86-64)でも視聴できる」と述べている。オバマ氏の就任演説はSilverlightで配信されることになっており、Microsoftは、就任演説ストリーミングで利用されるコードにMoonlight開発チームがアクセスできるようにしたという。

 ライセンスはLGPLを利用、プロジェクトのWebサイトからダウンロードできる。

編集者の一言

オバマ大統領の就任式で動画配信のプラットフォームとして用いられたことで話題となっているSilverlightと、Silverlightのオープンソース実装「Moonlight」ですが、現在のMoonlightはSilverlight 2をサポートしていないなど、完全な互換性があるわけではありません。LinuxユーザーにとってはまだまだSilverlightは鬼門なのかもしれません。

西尾泰三

from DevIT

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -