ニュース
» 2019年01月15日 18時00分 公開

紙状マーカーを貼るだけ 製造現場の資材位置を1メートルの高精度で把握――NEC通信システム、資材監視の新技術を開発

NEC通信システムは、壁面や柱、資材などに取り付けたマーカーをカメラで撮影し、資材位置を高精度に測位する「マーカー測位技術」を開発。マーカーは紙状媒体に印刷でき、取り扱いが容易。資材を探す時間を削減できる他、入出庫の自動管理や不明在庫の発生防止など、資材管理の効率化に活用できる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NEC通信システムは2019年1月11日、製造業などの工場内の資材、仕掛品、完成品の保管位置を高精度に測位する「マーカー測位技術」を開発したと発表した。

 同技術は、拡張現実(AR)で用いられるカメラ位置や姿勢(角度)を推定する技術を応用したもので、壁面や柱に付けた「基準点マーカー」と資材に付けた「資材マーカー」をカメラで撮影し、カメラ位置と資材の位置を測位する技術。資材などの保管位置を1メートル以内の高精度で把握できる。

Photo 「マーカー測位技術」を活用した資材監視のシステム構成
Photo 「マーカー測位技術」のデモイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -