ニュース
» 2019年01月18日 07時00分 公開

訪日外国人にAIが旅先案内 好みに合わせ、穴場スポット紹介も――ガイドサイト「WOW U」で富士通らが共同実証

富士通、EXestらは、訪日外国人旅行者にガイド付きアクティビティープランを紹介するサイト「WOW U」で、AIを活用して利用者の潜在的な好みやニーズを捉えた最適なプランを提案する実証実験を行う。属性と好みをマッチングさせて適切なアイテムをレコメンドする富士通のAI技術を活用する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通、富士通研究所、EXestは2019年1月16日、訪日外国人旅行者向けに、AIを活用して旅行者の潜在的なニーズを捉えてツアーなどのアクティビティープランを提案するサービスの実証実験を、2019年1月30日から3月31日まで行うと発表した。

 実証実験は、ガイド(通訳案内士)が考案したアクティビティープランと外国人旅行者をマッチングするEXestの英語サイト「WOW U(ワオユー)」で行う。富士通研究所が開発した個人の属性と好みをマッチングさせて適切なアイテムをレコメンドするAI技術を活用し、サービス利用者が入力した年齢や旅の目的などの属性データを基に、AIが潜在的な好みを推論し、旅行者それぞれに適したアクティビティープランを提案する。

Photo AIを活用したレコメンドサービスの利用イメージ。利用者の好みを捉えたアクティビティープランを提案する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -