ニュース
» 2019年01月22日 11時00分 公開

ブロックチェーンでヘルスケアデータを有効活用 沖縄県宮古島市で健康課題改善の実証実験――第一生命ら、富士通の技術を活用

第一生命らは、沖縄県宮古島市で、ヘルスケアデータを活用した地域の健康課題改善に関する実証実験を開始。スマホアプリで利用者が記録する歩数などのヘルスケアデータを、ブロックチェーン技術を活用したデータプラットフォームに収集。利用者の健康増進を支援する他、関連消費の活性化などを目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通は2019年1月18日、第一生命保険が同年1月15日に沖縄県宮古島市で開始した、地域の健康課題改善に向けたヘルスケアデータの活用に関する実証実験を、ICTで支援すると発表した。

 実証実験では、富士通がブロックチェーンサービスとモバイルアプリケーション実行基盤「FUJITSU Cloud Service MobileSUITE」(以下、MobileSUITE)などのICTを用いて開発した、地域住民のヘルスケアデータを収集するヘルスケアデータプラットフォームと、スマートフォンアプリケーション「宮古島健康増進アプリ」(名称:パニパニ宮古島)を活用する。

Photo 実証実験のヘルスケアデータプラットフォームの概要図

 第一生命保険では、保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の両面から生命保険事業のイノベーション創出を目指す取り組み「InsTech」を推進しており、今回の実証実験は、その一環として行われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -