ニュース
» 2019年02月22日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版:本当に生産性上がってる?

煩雑なメールの代替として普及したコラボレーションツールは、本当に生産性を向上させたのか。その価値や使い方を見直す時期に来たのではないか。他にアプリの実行に必要な最小限の機能しか持たないユニカーネルの魅力、GPU依存への警鐘などの記事をお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 Computer Weekly日本語版 9月19日号は、以下の記事で構成されています。

■チップ工場のウイルス感染により新型iPhoneの出荷が遅延……か?

 TSMCの工場がコンピュータウイルスに感染して操業を停止した。この事件は、新たな脅威を象徴している。

■米国にまん延する「AIでセキュリティの課題は解決」論の危険性

 セキュリティ面でもAI万能論がまん延していることが分かった。

■アプリを実行する最小限のOS、ユニカーネル「IncludeOS」の魅力

 アプリごとに、OSの機能を極限まで削減したらどうなるか……。これがユニカーネルの概念だ。

■GPUは“銀の弾丸”ではない

 マーシュ博士は、「GPUに依存したデータ分析は間違っている」と明言する。

■コラボレーションツールは本当に生産性を向上させたのか?

 本当に生産性は向上したのか。コラボレーションツールが「第2のメール」になっているのではないか。

■主要ベンダーのクラウドストレージサービス総まとめ(MS、Google、IBM編)

 主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。

ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -