ニュース
» 2019年03月05日 11時00分 公開

ドローン基地局でがれきの下の被災者を空から捜索 携帯電話の位置を推定――KDDIが実証実験

KDDIは、災害発生時などの救助活動を支援する手法として、「無人航空機型基地局(ドローン基地局)」で携帯電話から発信される信号を捕捉し、その位置を推定する技術を開発。被災者の捜索などへの実用化を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 KDDIとKDDI総合研究所は2019年3月1日、災害対応向け「無人航空機型基地局(ドローン基地局)」で携帯電話の位置を推定する技術を開発し、実証実験に成功したと発表した。災害時などに、空から携帯電話の位置を推定して、救助要請や捜索活動に役立てる。

Photo 実証実験で使用したドローン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -