ニュース
» 2019年03月20日 07時00分 公開

長野県、RPAとAIでバックオフィス業務を効率化 作業時間削減やミス低減で行政事務の品質向上――富士通と共同実証

長野県は、富士通のRPAツール「Axelute」と公共工事の設計・積算業務支援ソフト「ESTIMA」を活用し、行政事務を効率化する実証実験を実施。RPAでは作業時間を最大88%削減するなどの効果を確認した。職務を単純作業から付加価値の高い作業へシフトさせ、行政サービスの品質向上を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 長野県と富士通は2019年3月18日、RPA(Robotic Process Automation)とAIを活用して行政事務を効率化する共同実証を2018年7月から2019年2月まで実施したと発表した。有効性を検証し、作業時間の削減と品質向上につなげられることを確認したという。

 実証実験では、富士通のRPAツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute(インターディベロップ アクセリュート)」(以下、Axelute)と、AI技術を搭載した公共工事の設計・積算業務支援ソフト「FUJITSU 公共ソリューション SuperCALS ESTIMA V6(スーパーキャルス エスティマ V6)」(以下、ESTIMA)を活用した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -