ニュース
» 2019年03月22日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法

「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 2020年1月の「Windows 7」サポート終了を前に、企業の間で導入機運が高まりつつある「Windows 10」。音声アシスタントの「Cortana」やWebブラウザ「Microsoft Edge」など、Windows 10の新機能や強化点は数多いが、アップデート後に管理者が注意しなければならないことがある。それはクラッシュやマルウェア感染といったトラブルへの対処だ。

 Windows 10は新機能や修正プログラムの提供を積極的に繰り返す「Windows as a Service」という提供モデルを採用しており、安定性やセキュリティに関する修正プログラムも継続的に提供している。ただしソフトウェアである以上、トラブルの芽を完全につぶすことは極めて難しい。

 トラブルが起きたときに、いかにその事実を迅速に把握し、原因を突き止め、影響の拡大を食い止めるか――。こうした基本的な対処法が、Windows 10でも引き続き重要になる。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料では、Windows 10のトラブル対策の効率化に役立つツールを紹介。マウスやキーボードが動かなくなった際の対処法も併せて説明する。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -