ニュース
» 2019年04月19日 11時00分 公開

企業のAI/RPA活用状況、「利用中」「PoC実施中」ともに増加 今後は顧客指向の活用戦略が鍵――IDC調べ

IDC Japanによると、国内企業のAIシステム/RPAの利用率はともに2018年調査より増加。今後も活用が進むと見込まれるも、利用目的は内部改革を優先する現状が判明。デジタルトランスフォーメーションの推進には、顧客価値の向上を考慮したAI/RPAの活用戦略の確立が必要だという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年4月18日、企業におけるAI(人工知能)システムおよびRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について、2019年2月に実施したユーザー企業調査の結果を発表した。

Photo AIシステムの利用状況(Source: IDC Japan, 4/2019)

 同調査は、情報システムに対する知識を有する国内のユーザー企業の従業員を対象に実施し、1250社(うちAI/RPAに関する回答者は従業員規模100人以上の883社)の有効回答を得た。調査に当たり、IDCでは、AIシステムを「学習と推論を通じて自己修正するシステム」、RPAを「ソフトウェアによって情報の取得、プロセスの自動化、情報とワークフローの管理を行うもの」と定義している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -