ニュース
» 2019年05月13日 11時00分 公開

ネットワーク仮想化/自動化市場、2023年まで年平均16.5%で成長、SDNに代わる次世代ソリューションが鍵──IDC Japan調べ

国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、2018年の564億円市場から2023年にかけて、年間平均成長率(CAGR)16.5%で拡大するという。今後、データセンターにおける同市場は安定的な成長を続け、企業ネットワークではSDNに代わる次世代ソリューションのニーズ拡大が見込まれる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年5月10日、SDN(Software-Defined Network)を含む国内ネットワークの仮想化/自動化に関する2019年〜2023年の市場予測を発表した。

 データセンター、企業ネットワーク、通信事業者向けを合計した国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、2018年の564億円市場から2023年にかけて、年間平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)16.5%で拡大を続けると予測している。

Photo 2018年〜2023年の国内ネットワーク仮想化/自動化市場 支出額予測(Source:IDC Japan, 5/2019)

Notes:データセンターネットワーク、企業ネットワーク、キャリアネットワークのネットワーク仮想化/自動化市場の合計値。折れ線は前年比成長率

2018年に伸びた市場はどこか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -