ニュース
» 2019年06月03日 13時00分 公開

交通機関のデータを開発者に提供「公共交通オープンデータセンター」が運用開始

公共交通オープンデータ協議会は、日本の公共交通機関のデータをサービス開発者に向けて提供する「公共交通オープンデータセンター」の運用を開始した。営利/非営利を問わず、時刻表や運行状況、在線位置情報などを利用できる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 公共交通オープンデータ協議会は2019年5月31日、「公共交通オープンデータセンター」の運用を開始すると発表した。

 同センターの目的は、鉄道やバス、航空など、日本の公共交通機関のデータを、サービス開発者にワンストップで提供すること。サービス開発者は、公共交通オープンデータセンターのAPIを利用して、営利/非営利を問わず、独自のアプリケーションやサービスに公共交通データを組み込める。

photo

利用予定データの詳細は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -