ニュース
» 2019年06月07日 10時37分 公開

大規模なサイバーセキュリティ情報を横断的に分析して可視化 NICTがセキュリティ情報融合基盤を開発

NICTのサイバーセキュリティ研究室は、多種多様で大規模なサイバーセキュリティ関連情報を集約し、横断的に分析するセキュリティ情報融合基盤「CURE(Cybersecurity Universal REpository)」を開発した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のサイバーセキュリティ研究室は2019年6月6日、多種多様で大規模なサイバーセキュリティ関連情報を集約し、それら異種情報を横断的に分析するセキュリティ情報融合基盤「CURE(Cybersecurity Universal REpository)」を開発したと発表した。

Photo サイバーセキュリティ研究室 研究マップ(出典:NICT)

個別に散在する情報を収集し、自動分析

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -