ニュース
» 2019年06月13日 10時00分 公開

Android端末、iPadとiPhoneでセキュリティキーとして使用可能に

iOS端末で、Googleアカウントにログインするための2段階認証用セキュリティキーとしてAndroid端末が使えるようになった。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは6月12日、iPadとiPhoneでGoogleアカウントにログインするための2段階認証用セキュリティキーとしてAndroid端末が使えるようになったと発表した。これまでChrome OS、macOS、Windows 10に対応していたが、新たにiOSが加わった。

 iPadやiPhoneなどのiOS端末は、Googleが提供するアプリ「Smart Lock」を使ってAndroid端末内蔵のセキュリティキーと通信する。利用にはiOS端末、Android端末ともBluetoothを有効にする必要がある。セキュリティキーとして利用できるのは、バージョン7.0以降のAndroidを搭載した端末だ。iOSはバージョン10.0以降に対応する。

Android Android端末を使った2段階認証の仕組み

Google「FIDO利用で標的型攻撃に対抗できる」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -