ニュース
» 2019年06月14日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:純製品 vs. サードパーティー製品 Windows 10のセキュリティ対策には何を使うべき?

Windows 10の純正セキュリティ機能と、サードパーティー製ツール。自社のセキュリティ対策にはどちらが適しているのか。バッチ管理や暗号化ツール、ファイアウォールなどの観点から比較検討する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 Microsoftが「これまでで最も安全なOS」と主張するWindows 10。その主張の通り、セキュリティ機能群「Windows Defender」や、セキュリティ設定の適用を支援する「Security Compliance Toolkit」など、純正品の導入だけで十分な場合もある。

 しかし企業によっては、セキュリティの補強のためにサードパーティー製ツールの導入が必要になるかもしれない。ファイアウォールがその一例だ。広く普及しているWindowsファイアウォールはマルウェアの標的になりやすい。利用企業の少ないサードパーティー製ファイアウォールの方が、マルウェアの標的になりにくいという利点がある。また金融機関などセキュリティ要件が厳しい組織では、純正品だけの対策では不十分となる可能性がある。

 本稿では、押さえておきたいWindows 10の純正セキュリティ機能と、各ベンダーからリリースされているファイアウォールやパッチ管理用ツールを比較、検討する。

プレミアムコンテンツダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -