ニュース
» 2019年06月17日 14時00分 公開

UiPath、SAP ERPユーザー向けにマスターデータ登録を最適化する部品を提供

UiPathのマーケットプレース「UiPath Go!」に、SAP ERPで使える共通部品「Master Data Create Components」が加わった。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 RPAベンダーのUiPathは17日、「SAP ERP」「SAP S/4HANA」ユーザー向けにマスターデータ登録作業を効率化する共通部品「Master Data Create Components」の提供を開始した。UiPathのマーケットプレース「UiPath Go!」から入手できる。

 Master Data Create Componentsは、「画面遷移、登録を自動化するGUIベースの登録用ワークフロー」と「BAPIを使用しAPIをコールしてマスター登録するワークフロー」の2パターンでデータ登録を支援する。

UiPath Go! マーケットプレース「UiPath Go!」

国内ユーザーから要望の多いマスターを中心に提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -