速報
» 2019年06月19日 10時00分 公開

最悪クラッシュにつながる恐れも――Firefoxの未解決の脆弱性突く攻撃が発生、更新版で対処

Firefoxの脆弱性を悪用する標的型攻撃の発生が確認され、Mozillaが更新版をリリースして対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Webブラウザ「Firefox」の未解決の脆弱(ぜいじゃく)性を突く攻撃が発生していたことが分かり、Mozillaは2019年6月18日、この脆弱性を修正するための更新版を公開した。

Mozillaは脆弱性に関して報告

 Mozillaのセキュリティ情報によると、JavaScriptオブジェクトを操作する際に、「Array.pop」の問題に起因する型の取り違え(Type Confusion)の脆弱性が発生する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -