ニュース
» 2019年07月09日 08時16分 公開

VDIが安定期に、ガートナーが国内セキュリティ分野のハイプサイクルを発表

次世代ファイアウォールやVDIは安定期に入り、イミュータブルインフラストラクチャなどが黎明(れいめい)期にあるとしている。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2019年7月8日、「日本におけるセキュリティ(インフラストラクチャ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2019年」を発表した。国内のインフラストラクチャセキュリティとリスクマネジメントの分野で、特に注目すべきキーワードが取り上げられている。

ガートナーの発表したハイプサイクル ガートナーの発表したハイプサイクル(出典:Gertner, Inc)

インフラとリスクの多様化が進む 企業に求められる姿勢は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -