ニュース
» 2019年07月10日 10時20分 公開

東京都港区に「スマートシティー」誕生 東急不動産とソフトバンクが共同構築

滞在者の最適な行動や安全を支援する街づくりとして、ロボティクスやモビリティ、AR、VR、5Gなどの先端技術を生かせるプラットフォームを構築する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 東急不動産とソフトバンクは2019年7月9日、東京都港区の竹芝地区での街づくりに共同で取り組むことに合意したと発表した。

 東急不動産は、東京都の推進する「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つ、「(仮称)竹芝地区開発計画」を手掛けている。これは竹芝地区を、業務棟と住宅棟からなる総延べ床面積約20万平方メートルの国際ビジネス拠点として開発する計画である。両社は、東急不動産の総合デベロッパーとしての知見とソフトバンクの技術によって同計画を進め、スマートシティーのプラットフォームを構築する。

「(仮称)竹芝地区開発計画」並びに「竹芝地区エリアマネジメント」の対象範囲 「(仮称)竹芝地区開発計画」並びに「竹芝地区エリアマネジメント」の対象範囲(出典:ソフトバンク)

ロボティクスやモビリティ、ARなど最新技術を駆使した「街づくり」とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -