速報
» 2019年07月11日 07時00分 公開

「Firefox 68」公開、アドオン管理やダークモードの機能強化

脆弱性は計21件が修正された。このうちメモリ安全性に関する2件の脆弱性は、任意のコード実行に利用される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Mozilla Foundationは2019年7月9日、Webブラウザ「Mozilla Firefox(以下、Firefox)」の最新版をデスクトップやiOS向けに公開した。深刻な脆弱(ぜいじゃく)性を修正した他、ダークモードの設定や、アドオン管理に関する機能強化を盛り込み、職場でFirefoxを使うIT管理者のために柔軟性の向上を図っている。

Firefoxの最新版について

Firefoxの何が具体的に変わったのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -