ニュース
» 2019年07月16日 11時45分 公開

大同病院、「医療の質」向上にRPAを導入 年間8000時間削減を試算――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用

愛知県の大同病院は、医師業務や間接事務の効率化に向け、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入。年間8000時間の業務をRPAに置き換えられると試算する。将来的には、検査結果などを基に医師にアラートを提示するシステムの構築などにもRPAとAIの組み合わせを活用していく。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 RPAテクノロジーズは2019年7月12日、愛知県名古屋市の大同病院が、医療業務の効率化に向け、RPA(Robotic Process Automation)ソフトウェア「BizRobo!」を2019年6月に導入したと発表した。

 BizRobo!は、定型業務を代行するソフトウェアロボット(デジタルレイバー)の作成、運用を支援するRPAツール。RPAロボットはGUIベースで容易に開発でき、機械学習などのAI技術を含む複数のツールを組み合わせることで、用途に合わせた柔軟な拡張が可能。

 RPAテクノロジーズでは、パートナーとともに、RPA導入時の検討準備や体制構築、取り組み全体を見据えたスケールなどのサポートと併せてBizRobo!を提供している。

 今回の大同病院への導入では、RPAテクノロジーズと医療分野の戦略的パートナーであるスカイライトコンサルティング、富士ゼロックス愛知が支援し、ライセンス提供、職員へのRPA研修、パイロット開発を経たロボットの導入などを進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -