連載
» 2019年07月17日 07時00分 公開

Microsoft Focus:Instagramの写真から商品検索、購入へ――データとAIが導く小売業の新たな形とは (1/2)

データの活用やAIによって、小売業が大きく変わりつつある。具体的にどのように変わったのか、専門家に聞いた。

[大河原克行,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Microsoft リテールインダストリー担当 グローバルインダストリーソリューションズディレクターのシシ・シュリダール氏

 Microsoftが、力を注いでいる領域の一つとしてリテール市場がある。2018年以降、MicrosoftはWalmart、GAP、Kroger、Walgreenなどとの戦略的パートナーシップを発表。デジタルプラットフォーマーとしての役割を果たしながら、リテール市場におけるデジタルトランスフォーメーションを強力に推進している。

 Microsoft リテールインダストリー担当 グローバルインダストリーソリューションズディレクターのシシ・シュリダール(ShiSh Shridhar)氏は、「もともと小売業は、利益率が低い構造のため、新たなテクノロジーの採用が遅れていた。一方で、在庫や販売、顧客に関するさまざまなデータを蓄積している特徴がある」と小売業の状況を指摘する。

 「デジタル化の流れの中で、データを活用して、競争力と効率性を高めることが、生存競争に打ち勝つ手段になると多くの企業が気付き始めた。そして、AIが小売業を変化させている実績も出始めている。ここ数年で、テクノロジーを活用する小売業が一気に増加し、デジタルに投資する企業が増えている」

 実際、データとAIの活用によって、小売業は、ここ数年で大きく変化した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -