ニュース
» 2019年08月07日 07時00分 公開

スマホをかざして美術作品を鑑賞 アプリなしで利用できる作品情報表示サービス――横浜美術館で実証実験開始

横浜美術館とNTTテクノクロスらは、横浜美術館で開催中の「横浜美術館コレクション展」で、美術作品にスマートフォンのカメラをかざすことで作品の詳細情報を表示するサービスの実証実験を開始。来場者は、特別なアプリなしでサービスを利用できる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 横浜美術館とNTTテクノクロス、東日本電信電話(NTT東日本)神奈川事業部、アクアビットスパイラルズは2019年8月5日、美術作品にスマートフォンのカメラをかざすと作品の情報が表示されるサービスの実証実験を開始した。

Photo 「スマホをかざすと美術作品の詳細情報を表示する」実証実験のイメージ

 実証実験は、横浜美術館で開催中の「横浜美術館コレクション展」で実施。期間は、2019年8月5日から9月1日まで。来場者は、スマホのカメラを展示作品にかざすことで、作品名や制作年など、作品に関する詳細情報を手元のスマホ画面で確認できる。

アプリ不要―スマホをかざすだけの情報表示サービスの仕組みとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -