ニュース
» 2019年05月27日 11時00分 公開

AIで生コンの軟らかさを高精度に予測 コンクリート製造の自動化・高度化に活用――太平洋セメント、自社工場向けに新開発

太平洋セメントは、AIによる画像認識技術を活用し、製造過程のコンクリートの練り混ぜ画像から、コンクリートの軟らかさ「スランプ」を高精度に予測する技術を開発。自社工場に実装し、コンクリート品質の安定化や製造工程の省力化、効率化を図る。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 太平洋セメントは2019年5月23日、AIを用いてコンクリート製造工程におけるミキサー内の練り混ぜ画像から、「スランプ」を瞬時に高精度に予測する技術を開発したと発表した。

 コンクリートは、セメント、水、骨材、混和剤などをミキサーで練り混ぜて製造する。凝固前のコンクリート(生コン)の軟らかさを表す指標値であるスランプは、最も重要な品質項目の一つ。

精度99%以上。コンクリートの柔らかさを瞬時に判断する技術とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -