ニュース
» 2019年09月03日 15時26分 公開

SuperStream-NXが新人事給与システムを発表、「人事部が本当に欲しいものを追求した」

企画開発本部長の山田氏は「日本の人事部が本当に求めていることを突き詰め、国産ソフトならではの使い勝手を実現した」と語った。

[柴佑佳,ITmedia]

 スーパーストリームは2019年9月4日、同社の提供するERPシステム「SuperStream-NX」に含まれる、人事給与ソリューションの刷新を発表した。同年10月1日に提供を開始する。

企画開発本部長の山田誠氏 企画開発本部長 山田誠氏 

 働き方改革の推進に伴い、人材活用のためのテクノロジー「HR(Human Resources)Tech」が注目されている。しかし、スーパーストリーム取締役 企画開発本部長の山田誠氏によれば、「人事のミッションである”企業の人材力の最大化”を実現するためには、まず人事業務の効率化が必要」とのこと。

 スーパーストリームは、1995年からERPシステムを販売する老舗のベンダー。2019年時点で、同社製品の導入社数は9000社を超えるという。

 「国内中堅企業向けとしてはナンバーワンの自負があります」(山田氏)。

 今回発表された新しい人事給与ソリューションは、先だって2017年に刷新された会計システム「SuperStream-NX V2」とアーキテクチャを統合したもの。旧ソリューションはクライアントサーバ型だったが、刷新によりWebやクラウドベースでの稼働に対応する。

「日本の人事を変える。もっとやさしく、もっと便利に」を目指した機能群

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -