速報
» 2019年09月10日 08時19分 公開

「GoogleがiPhoneユーザーの不安あおった」、iOSの脆弱性悪用報告にAppleが反論

Googleは修正前のiOSの脆弱性が攻撃に利用されていた実態を報告し、Appleはその報告に対して「GoogleがiPhoneユーザーの不安をあおった」と非難している。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 AppleのiOSに存在していた脆弱(ぜいじゃく)性を巡り、この脆弱性が悪用されていた実態を報告したGoogleと、その内容に反発するAppleとの間で論争が起きている。Appleは2019年9月6日に発表した声明で、「GoogleがiPhoneユーザーの不安をあおった」と非難した。

Appleの声明 Appleの声明(出典:Apple)

 焦点となっているのは、Appleが2019年2月に公開したセキュリティパッチ「iOS 12.1.4」で修正済みの脆弱性である。Appleは修正を公開した当時、発見者としてGoogle Project Zeroなどの名前を明記していた。

 その後Google Project Zeroは、この脆弱性が修正される前に攻撃に利用されていたと公表した。

Googleの報告した脆弱性の影響について、Appleは異を唱えた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -