速報
» 2019年09月17日 09時27分 公開

2000万人の氏名や銀行口座残高、勤務先の名称などがサーバ上で公開状態に

エクアドルのコンサルタント会社が保有する米国のデータベースサーバで、セキュリティ設定の不備から、エクアドル在住者の登録番号や納税者番号、氏名、性別、国立銀行の口座残高、家族の氏名、勤務先の名称などが公開状態となっていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 VPN比較サービスを手がけるvpnMentorは2019年9月16日、セキュリティ設定に不備があるデータベースサーバで、およそ2000万人もの個人情報が公開されているのを発見したと伝えた。

情報流出を伝えるvpnMentorのブログ 情報流出を伝えるvpnMentorのブログ(出典:vpnMentor

 vpnMentorのブログによると、問題のサーバはフロリダ州マイアミにあり、エクアドルのコンサルタント会社Novaestratが保有していた。データベースに登録されていたのは大部分がエクアドル在住者の個人情報で、政府の登録情報や、自動車協会、国立銀行などから入手したものと思われる。

 エクアドルの総人口は約1600万人。データベースには既に死亡した人も含め、最大で2000万人の個人情報が登録されていたという。

エクアドルへの亡命を申請していた「WikiLeaks」創始者の個人情報も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -