ニュース
» 2019年09月20日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:人命を奪いかねない「医療現場のセキュリティリスク」 優先すべき対策は

医療現場でモバイルデバイスの活用が広がれば、攻撃者が狙う対象も増える。専門家は「データ侵害は医療の質の低下につながる。医療機器が攻撃を受けたら誰かの命が失われかねない」と警告する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 昨今の医療現場では、スマートフォンなどのモバイルデバイスが普通に使われている。医療行為に関する情報に即座にアクセスしたいというニーズが、モバイルデバイスの導入や利用の増加を後押ししている。電子医療記録(EHR)システムをはじめ、モバイルアプリで患者情報にアクセスできる医療情報システムの種類も増えつつある。

 そのため病院のIT部門は、モバイルセキュリティの必要性を強く意識している。だが、医療現場でモバイルセキュリティの優先度が高まると同時に、サイバー犯罪者もモバイルデバイスを侵害する攻撃や試みを加速させている。

 ある専門家は「データ侵害が医療の質の低下につながる確率は100%だ。医療機器が攻撃を受けたら、誰かの命が失われかねない」と警告する。だが、予算や準備のために病院のセキュリティシステムをすぐに変更できないこともあるだろう。別の専門家は「利便性や実用性とプライバシーの間にはトレードオフがある。医療体制に悪影響を及ぼしたくないからこそ、慎重に管理する必要がある」と指摘する。

 本資料では、医療現場でモバイルセキュリティを優先すべき理由と、データ侵害が医療に及ぼす影響について考察する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -