ニュース
» 2019年10月04日 07時00分 公開

AIで「データ前処理」を効率化 データの仕様や欠損値をAIが提案――日立、「Data Preparation Service」を開始

日立製作所は、データ活用の準備作業である「データ前処理」をAIで効率化する「Data Preparation Service」の提供を開始した。データの理解から前処理ロジックの検証、実運用までをシームレスに行える。データ分析をはじめ、幅広い用途に対応する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所は2019年10月2日、データの分析や利活用の準備作業である「データ前処理」をAIで効率化する「Data Preparation Service」を開発し、同日から提供を開始したと発表した。

Photo 「Data Preparation Service」の特長

 データを分析したり、活用したりする際は、事前に活用に適した形にデータを加工する「準備作業(データ前処理)」が必要になる。一般的にデータ前処理では、データの仕様を特定する「データ理解」と、仕様に基づいてクレンジングや統合を試行する「データ加工方法の検討と検証」のプロセスを繰り返し、データの品質を高めていく。

 Data Preparation Serviceは、この前処理作業をAIで効率化するデータプレパレーションサービス。社内外から収集する多種多様なデータを解析し、「データ理解」から「データ加工方法(前処理ロジック)の検討と検証」、連携するETLツールへの「前処理ロジックの実装と前処理の実行」までを支援する。

 同サービスにより、多種多様なデータの整形や加工作業を効率化し、高品質なデータをデータレイクに格納できるようになる。これにより、各種データ分析をはじめ、AIに投入するデータ、IoTシステムや業務システムに入力するデータの整備など、幅広い用途でデータの利活用を促進できるとしている。

Data Preparation Serviceのデータ前処理とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -