ニュース
» 2019年09月20日 18時00分 公開

データの収集、蓄積、管理、分析の機能をワンストップ提供する「Smart Data Platform」――NTT Comが提供開始

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、データ活用に必要な機能を、ICTインフラも含めてワンストップで提供する「Smart Data Platform」を開始。クラウドやオンプレに点在するデータを統合し、セキュアな環境で管理、分析、インテグレーションを支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は2019年9月19日、データ活用に必要な全ての機能をワンストップで利用できるプラットフォーム「Smart Data Platform」の提供を、2019年9月30日から開始すると発表した。

Photo 「Smart Data Platform」の全体像

Smart Data Platformで実現するデータ活用とは

 Smart Data Platformは、データの収集、蓄積、管理、分析に必要になるさまざまな機能を、ICTインフラも含めてワンストップで提供するデータ活用プラットフォーム。用途やニーズに応じて必要な機能を選択し、自由に組み合わせて利用できる。

 クラウドやオンプレミスなど、多様な環境に点在するデータの統合や連携が容易で、Smart Data Platformと連携するNTT ComのAI関連アプリケーションや、他社が提供するデータ活用アプリケーションを利用できる。

 また、NTT Comが提供してきたセキュリティサービスに加え、インターコネクト機能による閉域網内でのセキュアなアプリケーション接続、データの匿名加工などを実現、収集、蓄積、管理、分析におけるデータ活用プロセス全体のセキュリティを確保する。利用企業のセキュリティ管理稼働やデータ漏えいリスクを軽減するとしている。

企業間の情報活用からサブスク支援まで、データ活用機能を拡充

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -