ニュース
» 2019年10月07日 07時00分 公開

車いすの乗客にも配慮:ユーザーの予約でAIがバス配車 横浜市で実証実験へ

NTTドコモ、横浜市らは、2019年10月10日から20日まで、横浜都心臨海部で「AI運行バス」の実証実験を行う。4〜6人乗りの小型車両に加え、11人以上が乗れる大型車両や、車いす利用者に対応したユニバーサルデザイン車両も活用する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTドコモ、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、横浜市は、横浜都心臨海部で「AI運行バス」の実証実験を実施する。

 期間は、2019年10月10日から20日まで。4〜6人乗りのワゴン車型の小型車両に加え、11人以上が乗れる小型バス型の車両や、車いす利用者に対応したユニバーサルデザイン車両も活用する。

人の移動や需要をリアルタイム予測 AI運行バスの仕組みは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -