速報
» 2019年11月08日 10時38分 公開

米司法省、Twitter元従業員など3人をスパイ行為で起訴 サウジ批判のユーザー情報を不正に入手

Twitterの従業員だった2人は、サウジアラビアを批判していたユーザーの個人情報を不正に入手して、サウジ政府に提供していたとされる。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米司法省は2019年11月7日、Twitterの元従業員2人を含む3人を、サウジアラビアのスパイとして活動した罪で起訴したと発表した。3人は特定のTwitterユーザーの個人情報を盗み、サウジアラビア政府に提供していたとされる。

 発表によると、3人はサウジアラビア政府の指示を受け、同国に批判的だったTwitterユーザーの個人情報を不正に入手していた。このうち1人が既に逮捕され、あとの2人は逃走中とみられる。

米国カリフォルニア州の裁判所に提出された、3人の容疑者に対する訴状(出典:米司法省

サウジ政府の指示で、個人情報を不正に入手――3人が犯行に走った経緯は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ