ニュース
» 2019年11月18日 10時54分 公開

「クラウドバースティング」実装、スパコンのジョブをAzureにオフロード 大阪大学ら開発

大阪大学サイバーメディアセンターの准教授である伊達進氏らの研究グループは、スーパーコンピュータの計算需要が急激に増加したときに、ジョブをパブリッククラウドにオフロードするクラウドバースティングを実装した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 2019年11月15日、大阪大学サイバーメディアセンター(CMC)の准教授を務める伊達進氏らの研究グループが、同大学のスーパーコンピュータ「OCTOPUS」に対し、「クラウドバースティング」を実装したと発表した。

クラウドバースティング概要図 クラウドバースティング概要図(出典:NEC)

 クラウドバースティングとは、スーパーコンピュータの計算需要が急激に増加したときに、ジョブをパブリッククラウドにオフロードする技術。NEC、日本マイクロソフトと共同で開発し、2019年内にOCTOPUSの利用者である研究者を対象に実証実験を行う。

スパコンの計算機リソースを補い、高度な解析を要する研究での成果に期待

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ