速報
» 2019年12月12日 15時00分 公開

「AirDrop」機能悪用した嫌がらせにも対処 Appleがセキュリティアップデート

iOS、macOS、watchOS、tvOS、Safari、Xcode、Windows向けiTunes のセキュリティアップデートでそれぞれの脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Appleは2019年12月10日、同社の提供するOS各種に関するセキュリティ情報を公開し、それぞれのアップデートで多数の深刻な脆弱(ぜいじゃく)性に対処したことを明らかにした。

今回のアップデートで対処された、AirDropを悪用した攻撃を伝えるブログ(出典:Kishan Bagaria)

 Appleのセキュリティ情報によると、iPhoneやiPad向けのOS最新版となる「iOS 13.3」「iPadOS 13.3」では14件の脆弱性に対処した。任意のコード実行に利用される恐れのある深刻な問題が多数を占める。

 iOS 13.3とiPadOS 13.3は、iPhone 6s以降、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降、および第7世代のiPod touchが対象となる。それより古い機種向けには「iOS 12.4.4」が公開された。

AirDropを悪用した嫌がらせ「AirDos」とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ