ニュース
» 2019年12月13日 09時38分 公開

日本マイクロソフトが「Azure Red Hat OpenShift」の一般提供開始、東日本リージョンで

日本マイクロソフトは、「Azure Red Hat OpenShift」の一般提供を、Microsoft Azureの東日本リージョンで開始する。レッドハットとマイクロソフトが共同で、サービス管理や技術サポートを提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトは2019年12月12日、「Microsoft Azure」の東日本リージョンで「Azure Red Hat OpenShift」の一般提供を開始すると発表した。これに伴い、レッドハットと日本マイクロソフトは、各社のパートナー企業向けの技術支援やハンズオントレーニングプログラムを無償で提供する。いずれも同年12月中に提供を開始する。

価格 東日本リージョンの価格はまだ公開されていない(出典:Microsoft)

 Azure Red Hat OpenShiftは、Azureで提供するエンタープライズ向けのKubernetesプラットフォーム。コンテナ化されたアプリケーションを、パブリッククラウドとオンプレミスとの間でオーケストレーションし、管理できる。レッドハットとマイクロソフトが共同でサービス管理や技術サポートを提供する。

何ができるようになるのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ