速報
» 2019年12月19日 09時19分 公開

医療情報への不正アクセス発生、犯人と交渉して身代金支払い

被害に遭ったカナダの精密検査機関LifeLabsは、サイバー犯罪集団と交渉して身代金を支払い、データを取り戻したと説明。顧客の情報が一般に公開された形成はないとしている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 カナダの精密検査機関LifeLabsは2019年12月17日、同機関で検査を受けた患者の氏名や住所、検査結果などを含む個人情報が保存されたコンピュータシステムが、不正アクセスされたと発表した。

release (出典:LifeLabs)

 LifeLabsの発表によると、不正アクセスされたコンピュータシステムには約1500万人の患者に関する氏名や住所、ログイン情報、パスワード、生年月日、ヘルスカード番号、検査結果が記録されていた。それらのデータは、犯罪者集団に身代金を支払って取り戻したとしている。

攻撃発覚から交渉の経緯、顧客への影響は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ