ニュース
» 2019年12月25日 10時35分 公開

レノボCOOが2020年以降の10大テクノロジートレンドを予測

5Gや折りたたみデバイス、教育へのAR(拡張現実)/VR(仮想現実)の浸透、クラウドゲーミングの普及などを挙げた。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 レノボのコーポレートプレジデントでCOO(最高執行責任者)を務めるジャンフランコ・ランチ氏は、2020年以降の10大テクノロジートレンドを予想した。5G(第5世代移動通信システム)や折りたたみ可能なモバイル機器といった技術面での変化に加え、ワークスタイルの革新や医療の地域間格差といった生活に関する変化にも言及した。

ランチ氏の予想――技術の進歩に伴い生活が変化、安全意識や倫理観も変わる

 ランチ氏が予測したテクノロジートレンドは、次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ