ニュース
» 2020年01月10日 05時00分 公開

プレミアムコンテンツ:医療従事者と患者を支援する「人工知能」(AI)の6つの用途

医療現場で人工知能(AI)技術を活用すると、医療従事者の業務効率を改善し、患者に手厚いケアを提供できるようになる可能性がある。医用画像解析や診断支援など、AIが活躍する6つの用途を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 人工知能(AI)技術を医用画像解析や診断支援に活用することで、医療従事者の業務の質と効率を高め、患者をより手厚くケアできるようになる可能性がある。AIのように新しい技術を現場で活用しようとすると、データの互換性や法規制といった課題に直面するのは医療現場の常だ。医療機関の経営陣はそうした課題を踏まえてAI技術を評価した上で、導入すべきか否かを検討しなければならない。

 本資料は「医療従事者の仕事を支援する」「患者ケアを支援する」という2つの観点で、医療におけるAI技術の用途を解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ