速報
» 2020年01月10日 09時29分 公開

格安スマホに悪質マルウェア、米国政府が補助金支給 販売元はWebアクセス不可

米政府の補助金を受けて低所得世帯向けに販売されていた格安スマートフォンに、削除不可能なマルウェアがプリインストールされていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米国のカリフォルニア州に本部を置くセキュリティ企業Malwarebytesは2020年1月9日、米政府の補助金を受けて販売されていた格安スマートフォンに削除不可能なマルウェアがプリインストールされているのを発見したと伝えた。

AssuranceWireless 出典:Assurance Wireless

 Malwarebytesのブログによると問題のスマートフォン「UMX U686CL」は、米政府が補助金を支給している低所得世帯向けのプログラム「Lifeline Assistance」を通じ、Virgin Mobile傘下のAssurance Wirelessが35ドルで販売していたもの。Assurance WirelessのWebサイトは2020年1月10日時点で、アクセスできない状態になっている。

悪質マルウェアの詳細と販売元の説明は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ