ニュース
» 2020年01月20日 11時30分 公開

仮想化性能の世界記録を更新? HPEが新型サーバ2機種の提供を開始

HPEは、ラックマウント型サーバ「HPE ProLiant DL325 Gen10 Plus」と「HPE ProLiant DL385 Gen10 Plus」の提供を開始した。仮想化環境やHPCなどの用途に向け、ストレージ装置の内蔵可能台数を従来モデルの2.4倍に拡大した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2020年1月16日、ラックマウント型サーバ「HPE ProLiant DL325 Gen10 Plus」と「HPE ProLiant DL385 Gen10 Plus」を発表した。

「HPE ProLiant DL385 Gen10 Plus」(出典:HPE)

 今回発表された2製品は、いずれもハイブリッド環境のデータセンターを使った仮想化環境やHPC(High Performance Computing)、ビッグデータ分析、SDS(Software Defined Storage)、通信、ネットワーク仮想化といった用途を想定しているという。

「仮想化性能の世界記録を87%上回る」という性能強化ポイントとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ