速報
» 2020年01月31日 10時57分 公開

現時点で「情報流出などの被害はなし」と発表:NEC、不正アクセスを受けていた――防衛事業部門のファイル約2万7000件が被害

NECは、同社の防衛事業部門のサーバの一部が外部の不正アクセスを受けていたと発表した。情報流出被害は「確認されていない」という。同社によれば2016年以降、一部の期間で攻撃の早期検知ができていなかった。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2020年1月31日、同社の防衛事業部門のサーバの一部が外部からの不正アクセスを受けたと発表した。同事業部門のファイル2万7445件が被害を受けたという。

 同社はこの件に関連して「これまで情報流出等の被害は確認されていない」としているが、攻撃の初期検知が不十分だったとして再発防止に努める考えだ。

不正侵入や感染「早期に検知できていなかった」空白期間に発生か その全容は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ