速報
» 2020年02月04日 12時15分 公開

Microsoft Teamsでアクセス障害、「気が楽になった」という声も挙がったその原因とは

「Microsoft Teams」でアクセスできなくなるトラブルが発生した。その原因とは、何だったのか。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftのグループチャットサービス「Microsoft Teams」が米国時間の2020年2月3日、一時的にアクセスできなくなるトラブルが発生した。ところが、同社がのちに“通常なら防げたはず”の原因を発表し、影響を受けたユーザーからは皮肉交じりのコメントが寄せられている。

 Microsoftは同日、Twitterの公式アカウント「Microsoft 365 Status」を通じ、「ユーザーがMicrosoft Teamsにアクセスできない問題について調査中。問題の原因を突き止めるため、システムデータを検証している」と説明した。

Microsoft 365 Statusのツイート

 ユーザーからも「もうすぐTeamsミーティングがあるのに」「早く直して」などの投稿が相次いでいた。

ユーザーから「気が楽になった」という声も挙がったその原因とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ