速報
» 2020年02月14日 10時48分 公開

米司法省、Huaweiと子会社を追起訴 RICO法違反や企業秘密窃盗罪で

Huaweiは、組織犯罪取り締まりを目的としたRICO法違反の共謀罪、米国企業の知的財産を不正に流用したとされる企業秘密窃盗罪、北朝鮮とイランへの商品やサービス輸出に関与した罪に問われている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 米司法省と連邦捜査局(FBI)は2020年2月13日、中国の通信大手機器メーカーHuawei Technologies(以下、Huawei)と同社の子会社を、組織犯罪取り締まりを目的としたRICO法(Racketeer Influenced and Corrupt Organizations Act)違反の共謀罪で追起訴したと発表した。

米司法省はHuwawei Technologiesの追起訴内容について公式Webサイトに掲載した

 起訴されたのは、Huawei本社の他、子会社のHuawei Device、Huawei Device USA、Futurewei Technologies、Skycom Techの4社と、Huaweiの孟 晩舟CFO(最高財務責任者)。今回の追起訴には、米司法省が2019年1月に発表した起訴内容も含まれる。

米国IT企業に対する秘密窃盗の他、北朝鮮やイランと取引の疑いも――その手口は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ