ニュース
» 2020年02月25日 07時00分 公開

5Gスタンドアロン構成の実装、KDDIがシスコらとの実証実験に成功

KDDIは、5Gコアネットワークについてスタンドアロン構成の実装に向けた実証実験に成功したと発表した。ネットワークスライシングなど、5Gの機能の動作を検証した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 KDDIは2020年2月20日、5G(第5世代移動通信システム)のコアネットワークについて、スタンドアロン構成の実装に向けた実証実験に成功したと発表した。シスコシステムズ(以下、シスコ)やエリクソン・ジャパン、ノキアソリューションズ&ネットワークスとそれぞれ協力して、実証実験を実施した。

 今回の実証実験では、各社が開発したソフトウェアを稼働させて5Gコアネットワークを評価した。通信の用途に応じてネットワークを仮想的に切り分けるネットワークスライシングなど、5Gの機能の動作検証に成功したとしている。

5Gスタンドアロン構成のイメージ図(出典:KDDI)

コンテナ技術も応用、開発のしやすさにも配慮した5G構成をどう作ったか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ