ニュース
» 2020年02月27日 12時20分 公開

「わが社にはテレワークは無理、コロナ対策のための在宅勤務でしょ」という誤解を解くためには

ノークリサーチは中堅中小企業を対象としたテレワーク導入と、その他のIT活用提案の関連について分析結果を発表した。テレワークは疫病の感染拡大防止だけでなく、事業継続の一環として提案することが重要だとしている。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ノークリサーチは2020年2月26日、年商100億円未満の中堅中小企業を対象としたテレワーク導入とその他のIT活用提案の関連についての分析結果を発表した。同社はテレワークを「感染症対策だけでなく、事業継続の一環として提案することが重要だ」としている。

業種別テレワークが「適さない」と考える企業の割合 業種別テレワークが「適さない」と考える企業の割合(出典:ノークリサーチ)

 ノークリサーチによると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って「中堅中小企業に対してテレワーク導入を訴求すべきか」との問い合わせが増えてきているという。それに対して同社は「従業員の感染だけでなく、来店客の減少やサプライチェーンの停滞なども考慮して提案する必要がある」としている。

テレワークを「感染症対策のための在宅勤務」にしない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ