ニュース
» 2020年02月28日 11時31分 公開

AIを用いたエックス線画像処理で実用化に向けた成果 ジグザと長崎大学病院

ネットワールドは、パートナー企業が実施しているAIを活用した医用画像解析の研究において、実用化に向けた大きな成果を得たと発表した。「 AIセンター」に設置した「IBM PowerSystem AC922」を解析処理インフラとして使用した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ネットワールドは2020年2月27日、パートナー企業のジグザが長崎大学病院と共同で実施しているAI(人工知能)による医用画像解析の研究で、実用化に向けて大きな成果が得られたと発表した。同研究では、ネットワールドが同社の検証施設内に常設する「Networld AIセンター」の「IBM PowerSystem AC922」を解析処理インフラとして使用した。

研究のシステム構成図 研究のシステム構成図(出典:ネットワールド)

 今回の研究は、エックス線画像による異物検知に画像解析とディープラーニングを活用して実用性を評価した。異物検知は、手術後に患者の体内に止血用ガーゼなどの異物が残留していないかを確認するために実施するものだ。画像のサイズや明度変更、白黒反転、エッジ検出などによって画像を処理し、バッチサイズや学習階層などのパラメーターを変更して、最も高い認識精度が得られる組み合わせを探った。

具体的な構成と研究結果は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ