ニュース
» 2020年03月16日 10時34分 公開

テレワーク「特需」の懸念:ガートナーがテレワーク導入時に注意すべきポイントを発表、「資料のデジタル化」「労務管理」など

ガートナー ジャパンは、テレワークを導入する企業が注意すべきポイントを発表した。「単にシステムを導入して使うだけでは不十分で、ビジネス文化や習慣、マネジメント層の意識改革も求められ、一朝一夕で成功するものではない」と注意を促している。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2020年3月13日、テレワークを本格的に導入しようとする企業が注意すべきポイントについて発表した。

テレワークにおける実施段階 テレワークにおける実施段階 (出典:ガートナー)

 感染症対策や国際イベントによる交通混雑の回避を目的に、テレワークの導入を検討する企業が増えつつある。ガートナーはそれらの企業に対し、「導入したシステムを使うだけでは、テレワークの推進には不十分だ」とし、「ビジネス文化や習慣、マネジメント層の意識改革も求められ、一朝一夕で成功するものではない」と注意を促している。

国内におけるテレワークの実態、実施段階のレベル付けと有効な実運用の方法とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ