速報
» 2020年03月25日 10時24分 公開

iOSやmacOSのアップデート、多数の脆弱性を修正 Appleがセキュリティ情報公開

「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」で30件の脆弱性を修正。macOSは「Catalina 10.15.4」と、MojaveおよびHigh Sierra向けのセキュリティアップデートが公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Appleは3月24日、同社のOSやブラウザなどを対象とするセキュリティ情報を公開し、それぞれで多数の脆弱(ぜいじゃく)性を修正したことを明らかにした。

出典:Apple

 Appleのセキュリティ情報によれば「iOS 13.4」と「iPadOS 13.4」で30件の脆弱性を修正した。任意のコード実行や権限の昇格、情報流出などを引き起こしかねない脆弱性が多数を占める。アイコンの設定やアイコンのキャッシュに関する脆弱性では、ユーザーがアクセスを許可していない写真が公開されたり、インストールしているアプリを特定されたりする恐れがある。

アップデート対象のシステムと影響を受ける機種は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ