速報
» 2020年03月26日 10時38分 公開

CitrixやZohoの脆弱性を突く大規模攻撃が発生中

FireEyeによると、中国のサイバースパイ集団「APT41」がCitrixやCisco、Zohoの製品の脆弱性を突いて、世界各地で大規模攻撃を仕掛けている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 セキュリティ企業のFireEyeは2020年3月25日、中国のサイバースパイ集団「APT41」がCitrixやCisco、Zohoの製品の脆弱(ぜいじゃく)性を突いて、世界各地で大規模攻撃を仕掛けていると伝えた。攻撃は日本を含むアジアや欧州、中東、北米、中米など世界各地で発生しているという。

攻撃の履歴 FireEyeが確認した攻撃の履歴(出典:FireEye)

 FireEyeによると、同社の顧客75社あまりが2020年1月20日〜3月11日にかけ、APT41から攻撃されていることを確認したという。標的とされる組織は金融機関や建設、防衛など幅広い業界に及ぶ。

春節とコロナウイルス対策の封鎖時期には攻撃が減少したが……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ