ニュース
» 2020年03月31日 11時45分 公開

「テレワーク導入には5W1Hで議論」――ガートナーが検討すべき論点を発表

ガートナー ジャパンはテレワーク導入を迫られている企業が検討すべき論点について発表した。テレワークの導入について5W1Hで議論し、いつでもテレワークを導入できるように布石を打っておくことが肝要だとしている。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年3月30日、緊急のテレワーク導入を迫られている企業が検討すべき論点について発表した。「5W1H」を軸に検討し、急ぎ実施すべきだとしている。

 5W1Hとして次の6点を挙げている。

  1. なぜ実施するのか(Why)
  2. いつ実施するのか(When)
  3. どこで実施するのか(Where)
  4. 誰が実施するのか(Who)
  5. 何を使って実施するのか(What)
  6. どのように実施するのか(How)

 各項目について解説したい。

5W1H、その詳細とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ