ニュース
» 2020年04月03日 10時18分 公開

LINEがClouderaのデータプラットフォーム採用、全社員にセルフサービス型分析機能を提供

LINEは各種サービスのデータウェアハウスをClouderaによって統合し、社内の全ユーザーに対してセルフサービス型の分析機能を提供する。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Clouderaは2020年4月2日、LINEがClouderaのデータプラットフォームを採用したと発表した。LINEはこれによって、AI(人工知能)技術を基盤としたビジネスと、LINEのデータ戦略を担う組織「Data Science and Engineeringセンター(DSEC)」の成長を推進するとしている。

 LINEはコミュニケーション分野に加え、FinTech(金融技術)やAIなどの分野でもビジネスを展開している。その中でDSECは各種サービスのユーザビリティ向上や新たなAI関連サービスの創出に向けて多種多様なデータを分析し、その結果を各サービスにフィードバックしている。

 LINEはClouderaによってこうした各種サービスのデータウェアハウスを統合し、データの安全性を保ったままデータプラットフォームを強化。社内の全ユーザーに対してセルフサービス型の分析機能を提供するとしている。

「ビッグデータを活用してセキュリティを保護しつつデータを民主化」その狙いは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ